コラム

前髪の抜け毛は本格薄毛のサインかもしれない?

前髪が少なくなってきたら薄毛の前兆かもしれません

この記事を読んでいる女性たちは、こんな悩みを持っていませんか?「前髪が少なくなって年齢より老けて見える、、、」前髪は顔の印象を大きく変えるため、抜け始めると結構厄介です。もし前髪が薄くなり始めたら、本格的な薄毛になる前兆かもしれません。

女性も薄毛になるものなの?

男性同様、女性も薄毛になります。すべての女性がなるわけではありませんが、ある程度年齢を重ねると少なからず抜け毛は増えるものです。一時的でとどまる場合もありますが、本格的に増えてしまう場合もあるので注意が必要です。

前髪が少なくなってしまう原因とは?

女性の前髪が抜け始める原因は、主に次のようなものとなっています。対策法もあわせて紹介しましょう。

牽引性脱毛症

ポニーテールを強く結びすぎると起こり得る脱毛症です。一時的なポニーテールなら大丈夫ですが、日常的にやり続けるとひどい抜け毛につながります。オールバックに近いポニーテールをしていると前髪に負担がかかるので注意しておきましょう。スタンダードなポニーテールの場合は、分け目に負担がかかるのでやはり注意しなければなりません。

この場合の改善策は、ゆるふわなポニーテールにするか、ジグザグな分け目にアレンジするなどの方法がお勧めです。或いは、ポニーテールを止めてしまうのも良いでしょう。でも、どうしてもポニーテールにしなければならないのであれば、休息日を設けるようにしてください。

シャンプーの影響

シャンプーに含まれている成分が体質に合わない場合は抜け毛になることがあります。特に気をつけておきたいのは「合成界面活性剤」です。洗浄力が強いので毛根からやられてしまいます。ラウレス硫酸ナトリウムをはじめとした高級アルコール系の成分が含まれている場合は注意しましょう。

解決策は、アミノ酸系のシャンプーを使うことです。頭皮に優しいシャンプーなので、安全に毎日使うことができます。それでも選び方に迷うのであれば、一般のシャンプーから育毛シャンプーに変更してみましょう。

育毛シャンプーは頭皮に優しい作られ方をしているので安心です。育毛シャンプーはスーパーやコンビニではあまり見かけませんが、ドラッグストアに行けば普通に市販されていますよ。育毛剤も一緒に使えばなおよしです。

ヘアカラーによるダメージ

普通にカラーリングする分には問題ありませんが、短期間で何回もカラーリングすると頭皮や髪に負担がかかるのは当然です。頭皮が炎症を引き起こす場合もあるので、育毛剤を使っても浸透しない恐れがあります。解決策は、自分でカラーリングするのではなく、プロの美容師にカラーリングしてもらうことです。

美容師は、お客さんの頭皮に負担がかかるカラーリングは断ってくれます。それに、ヘアパックを行ってくれるので、髪の毛を守りながらヘアカラーできるのです。ヘアカラーは市販されているものを使ってもOKなので、自宅でできるケアとしてもおすすめとなっています。ただし、美容院で施してくれるヘアパックの方が効力は高いです。

睡眠不足

少し意外かもしれませんが、睡眠と発毛は深く関係しています。「寝る子は育つ」なんて言葉がありますが、あの言葉の由来は「寝ている間に成長ホルモンが分泌している」からです。それは髪の毛を成長させるホルモンも例外ではありません。若い女性は、試験勉強や残業が積み重なると抜け毛になるので気をつけてください。

改善方法は、なるべくたっぷり睡眠をとることです。だけど、それが難しい女性も多いと思うので、「毎日同じ時間に眠る」ことを心がけましょう。たとえ睡眠時間が短かったとしても、同じ時間に眠っていれば「規則正しいリズム」という解釈を体がしてくれます。それに合わせて、育毛剤を使ってから寝ると効果的です。

女性用育毛剤
ランキング

女性が選んだ
育毛剤ランキング1位は?

今すぐCHECK

-コラム

© 2020 美髪の教科書