コラム

ピルを使っている女性は注意!薄毛になるかも?

女性の薄毛と抜け毛はピルが原因になっていることもある

経口避妊薬として知られている「ピル」は、世界中の女性が愛用している避妊薬です。ピルは、セックスするときに使うだけではなく、月経を改善させたり、生理痛を和らげるために使うこともあります。しかし、そんなピルを服用していると抜け毛や薄毛を引き起こす可能性があるんですよ。

ピルの服用をやめたとたんに抜け毛が発生する事案がある

ピルを飲んでいる最中に薄毛になるわけではなく、「ピルの服用をやめた途端」に薄毛になり始めるケースがあります。

どうしてピルの服用をやめると薄毛になるのか?

ピルには、女性ホルモンの1つである「プロゲステロン」が含まれています。このプロゲステロンを服用することで、ホルモンバランスが妊娠状態に近くなり、排卵を制御することができるのです。

「産後に薄毛になる」事案と似たような状態になる

少し話が脱線するかもしれませんが、「産後の女性が薄毛になる」という事案があります。これは、妊娠中に大量に分泌された女性ホルモンが出産によって一気に減って、ホルモンバランスの乱れを引き起こして薄毛になるからです。

ピルを服用すると「擬似的な妊娠状態」になるわけですから、ピルの服用をストップさせた途端に出産後に近い状態になるのです。だから、抜け毛が起こるんですね。

薄毛を治すためには再びピルを飲まなければいけないのか?

ピルの服用をやめた途端に薄毛になるのであれば、「またピルを飲まないといけないのか?」と思いますよね。しかし、一時的な抜け毛症状なのでその必要はありません。スピードには個人差がありますが、3ヶ月から半年ほどで戻る女性が多いようです。

早めに髪の毛を伸ばすための対処法は?

放置しておけばそのうち戻ってくれるとはいっても、早めに戻ってくれるに越したことはありません。なるべく早めに改善させたいなら次の方法を試してみて下さい。

大豆イソフラボンを摂取する

ピルの服用をやめると女性ホルモンの分泌量が変動するわけですから、何かしらの方法で女性ホルモンを摂取して安定させてあげなければいけません。そこでオススメなのが大豆イソフラボンの摂取です。大豆イソフラボンは、女性ホルモンの構造とよく似ていますからもってこいとなっています。

大豆イソフラボンは、豆腐、納豆、味噌、豆乳、醤油、きなこなどに多く含まれています。要するに大豆製品全般ですね。食卓のおかずに一品加える意識をすれば毎日食べられるはずです。

サプリメントを使うのもオススメ

大豆イソフラボンは市販のサプリメントから摂取することもできます。しっかり食事がとれない生活を送っている女性もいると思いますので、そんな時に導入してみてください。

育毛剤をつかう

ピルの服用をやめると前髪が薄くなったり、分け目が薄くなったりします。そんな場所に育毛剤を使ってみましょう。この時に使うのは女性専用の育毛剤です。 男性専用と間違えて購入しないようにしてください。効果には個人差がありますが、3ヶ月で分け目のボリュームがアップする女性がいます。自然治癒力に任せるよりも確実に改善のスピードが早まるので積極的に使ってみましょう。

クリニックや産婦人科で相談

長期間経ってもなかなか改善されなかったり、ピルの服用をやめたことで体調不良を引き起こしている場合は、クリニックor産婦人科で相談した方が良いかもしれません。もしかしたら、使っている育毛剤やサプリメントが体質に合っていないのかもしれません。

でも、身体検査をすれば原因がつかめるので安心です。その結果、体質に見合ったお薬の処方などをしてくれるので、健全な対策をすることができます。

女性用育毛剤
ランキング

女性が選んだ
育毛剤ランキング1位は?

今すぐCHECK

-コラム

© 2020 美髪の教科書