コラム

女性用育毛剤の効果を知りたい!市販の育毛剤の効果的な使い方

市販の育毛剤の特徴

女性用育毛剤の特徴

女性用育毛剤はドラッグストアで購入できる市販の育毛剤を使用します。市販の育毛剤は医薬部外品の育毛剤として、ある程度薄毛予防に効果のある成分が配合されている商品が多いです。女性用の育毛剤の特徴は、薄毛の原因によって内容成分が異なることが多いです。

つまり女性は薄毛の原因が人それぞれなので、その人の症状に合った成分を配合した育毛剤を使うことが大切なのです。育毛剤は飲むタイプの育毛サプリもありますが、主に塗るタイプの育毛剤が主流となっています。

メリット

市販の育毛剤を使用することのメリットは、手軽に薄毛対策ができることです。市販で売られている育毛剤でも、厚生労働省に認められた成分を使用しているので、抜け毛や薄毛にも効果を発揮してくれます。女性は分け目や髪のボリューム感で薄毛になったと感じますが、市販の育毛剤ならば副作用も少ないので手軽に抜け毛や薄毛対策として利用できます。

分け目や髪の毛のボリューム不足による薄毛の悩みはびまん性脱毛症が多いので、しっかりとケアをすれば薄毛を改善することができます。頭皮環境の改善と育毛剤の使用によって、自分でも薄毛のケアをすることができるのは大きなメリットとなります。

デメリット

市販の育毛剤で薄毛対策をするのは2つのデメリットがあります。1つ目は薄毛の状態を自分でしっかりと把握することです。女性の薄毛の多くはびまん性脱毛症ですが、その他にも血行不良、頭皮環境の悪化による皮脂過多、栄養不足などがあります。自分の薄毛の原因を知ってから、最適な成分が配合されている育毛剤を使わなければ効果は半減してしまいます。

せっかく使い続けても効果の薄い成分では、薄毛を改善することは難しくなります。2つ目は自信を持って薄毛のケアができるかです。育毛剤を使ってから約3ヶ月以上経たなければ、効果があったことを実感することができません。髪の毛がある程度伸びなければ薄毛に効果があったことが分からないので、それまで不安に思いながら自分でケアをしなければなりません。

実際に使い続けたのに効果がなかった場合、他の育毛剤を使ってまた自分で薄毛対策をしなければなりません。効果が出たのであればモチベーションも上がりますが、効果が出るか分からない状態で続けるのは不安が募ります。

育毛剤の効果的な使い方

内容成分をチェック

育毛剤を効果的に使うためには、内容成分をしっかりとチェックすることが大切です。皮脂過多に効果のあるアミノ酸系、血行促進に効果的な成分のセンブリエキスやビワ葉エキス配合、びまん性脱毛症には女性ホルモンを含む育毛剤など、内容成分をチェックすることが大切です。

自分の頭皮環境によって効果的な成分を配合している育毛剤を選ぶことが大切なので、自分で使用して使いやすいかチェックすることも大切です。

育毛剤と併用する効果的な方法

育毛剤の内容成分は薄毛対策にはとても重要な要素ですが、薄毛改善には育毛剤と併用するとより効果のあることもたくさんあります。頭皮の血行不良による薄毛には頭皮マッサージを併用すると効果が上がりますし、栄養不足による薄毛には食事バランスの見直しと育毛サプリが効果的です。

皮脂過多による薄毛にはアミノ酸の育毛シャンプーがおすすめで、頭皮の状態を良くしてから育毛剤を使うことで効果がアップします。育毛剤は育毛サイクルに効果のある成分が配合されていますが、頭皮環境が悪いと効果も半減してしまいます。

薄毛になった原因に効果的な方法を併用しながら、発毛に効果のある育毛剤を使用した方が効果が上がるので、毎日の育毛ケアを怠らずにやることが効果的な方法となります。

女性用育毛剤
ランキング

女性が選んだ
育毛剤ランキング1位は?

今すぐCHECK

-コラム

© 2020 美髪の教科書