コラム

これで効果的に!育毛剤をより効果的に使用する為に見直すべき点

いつも同じ分け目にしないようにする

女性が育毛剤をより効果的に使用しようと思ったら、いつも同じ分け目にするという習慣をまず改善するべきです。というのも、いつも同じ分け目にするということが、女性の薄毛の原因となりうるからです。特に、分け目の辺りが中心的に薄くなっているように感じるという方は、いつも同じ分け目であることが薄毛の原因となっている可能性が極めて高いと言えるでしょう。

育毛剤は、抜け毛を減らすというよりは、髪の毛が生える環境を整えるものであることが多いです。特に女性用の育毛剤の場合は、もちろん結果的にそれが抜け毛の対策になることもありますが、基本的には育毛剤とは別に抜け毛対策をしていった方が、よりしっかりと効果を感じやすくなるでしょう。だから、いつも同じ分け目にするという習慣を改善するべきだと言えるのです。

なぜいつも同じ分け目だとダメなのか

でも、なぜいつも同じ分け目にすることが薄毛の原因につながるのでしょうか?それは、いつも同じ方向に向けて髪の毛が引っ張られるからだと言えます。いつも同じ方向に髪の毛を分けていたら、日々同じ方向に向けて髪の毛が引っ張られることになります。

そうしていつも同じ方向に向けて引っ張られるということは、いつも同じところに同じテンションの負荷がかかるということになります。そんな負荷が積み重なっていけば、次第に髪の毛が抜けるくらいのダメージを負っていくことになるでしょう。そうして少しずつ抜け毛が増えていってしまうのです。

紫外線などのダメージもいつもそこだけ強く受ける

また、いつも同じ分け目にしていると薄毛になってしまうというのには、別の理由もあります。それが、紫外線などのダメージを、いつもその分け目の箇所だけ強く受けてしまうということです。分け目がいつも同じということは、いつもそこだけは髪の毛によるダメージのカバーができないということになります。

そうなると当然紫外線によるダメージも強く受けるようになるでしょう。だから、次第にその辺りの頭皮の環境が悪くなっていき、髪の毛が抜けるようになってしまうのです。それを防ぐためには、やはり分け目を頻繁に変えて、そんな風に特に紫外線によるダメージを受ける箇所を作らないようにするべきです。

トリートメントなどをつけすぎないようにする

女性の薄毛の原因として、トリートメントなどをつけすぎてしまっているということも挙げられます。なので、育毛剤をより効果的に使用していきたいと思うのであれば、トリートメントなどはつけすぎないように注意していきましょう。たしかにトリートメントというのは、本来であれば髪の毛には良いものです。

たとえば髪の毛に栄養を与えてくれたり、髪の毛を保湿してくれたりして、ダメージから守ってくれるようになります。そうなれば当然髪の毛は成長しやすくなりますから、本来であればトリートメントというのは、薄毛対策としてはむしろ効果的なことだと言えます。しかし、つけすぎるとそれは逆効果になってしまうのです。

つけすぎると頭皮の毛穴を埋めてしまう

トリートメントという本来薄毛対策に効果的なものであっても、つけすぎると行き場を失います。行き場を失ってしまったトリートメントは、そのまま頭皮の方にたれていくことになるでしょう。頭皮の方にたれていったトリートメントは、そのまま頭皮の毛穴を埋めてしまいます。すると当然毛穴は詰まるようになるでしょう。

でも、毛穴が詰まると、髪の毛に栄養がいかなくなってしまうのです。基本的には髪の毛に行く栄養は、頭皮の毛穴から流れていきます。その毛穴が詰まっていたら、やはりその分だけ栄養がいきづらくなるのです。栄養がいかなくなれば、髪の毛は次第に痩せていってしまいします。痩せていくと、毛穴から抜け落ちやすくなるでしょう。そうして抜け毛が増えていってしまうのです。

毛穴が詰まっていたら育毛剤の効果も浸透しづらい

また毛穴が詰まっていたら、育毛剤の効果も浸透しづらくなると言えます。抜け毛が減らないという意味でも、育毛剤の効果が浸透しないという意味でも、どちらの意味でも問題となるので、トリートメントはあくまでも適量だけつけるようにしていきましょう。

シャンプーを11回にする

女性の場合は、シャンプーを1日に数回するという方も珍しくはないのではないでしょうか?たとえば夜だけではなく、朝起きてからもシャワーを浴びて、そこでシャンプーをするという方も多いはずです。朝シャンプーをすると爽快感もありますし、そして何より香りがしっかりと髪の毛につくようになります。

女性の場合は、やはり香りに気をつかっている方も多いでしょう。なので、朝にシャワーを浴びて、そこでシャンプーをするというのもうなずける話になります。しかし、実はそうして12回以上シャンプーをしている場合、それが抜け毛や薄毛の原因となり、育毛剤の効果を出づらくさせてしまっていることがあるのです。

皮脂が過剰に出るようになる

市販のシャンプーというのは、基本的にすごく洗浄力が高いです。それは、男性用であっても女性用であっても同じことだと言えます。そんなすごく洗浄力が高い市販のシャンプーを1日に数回使用していたら、そのせいで必要な皮脂までも落としてしまうようになることが多いです。

そうなると、肌は乾燥していきます。肌が乾燥すると、それをなんとか補おうとして、どんどん皮脂を出すようになります。でもそうして皮脂がたくさん出ると、それは毛穴を埋めてしまうようになるのです。そうなればやはり栄養も髪の毛に行かなくなりますし、育毛剤の成分なども浸透しづらくなります。

それでは育毛剤が勿体無いですから、シャンプーは基本的には1日に1回にしておきましょう。そして、1日に1回にするならば、やはりたくさんついてしまった汚れを落とすという意味でも、夜にシャンプーをするのがおすすめになります。

ストレス発散の方法を持つようにする

女性の薄毛の原因としては、ストレスであることも多いです。ストレスがたまると男性ホルモンが増えていきます。そしてそんな男性ホルモンは、抜け毛の原因となるものなのです。だから育毛剤でどれだけ頭皮の環境を整えようとしても、そんな男性ホルモンをなんとかしかしないと、あまり効果は期待できなくなるでしょう。

男性ホルモンを抑制するタイプの育毛剤というのもありますが、女性用の育毛剤としてはそういうものはあまりありません。なので、別の方法でそれを抑制するしかないのです。その方法と言えるのはやはり、そもそもの原因であるストレスを発散することしかないでしょう。

趣味を作ったり運動をしたり

ストレス発散の方法は自分が没頭できるものであればなんでも良いです。だから、趣味を作ったり、あるいは運動をしたりと、本当になんでもいいのです。たしかに運動がストレス発散になれば、運動による血行改善効果などで、さらに育毛剤の効果が出やすくなることもあるでしょう。

しかし、運動自体がストレスになる方も一定数以上存在します。そんな方がむりやり運動をしていても、むしろ逆効果になるでしょう。だから、必ずしも運動である必要はありません。忙しい中でそれに時間を割くことがストレスにならないようなことで、ストレスを発散していってください。そうすれば、より確実に薄毛対策、抜け毛対策がしていけるようになるでしょう。

女性用育毛剤
ランキング

女性が選んだ
育毛剤ランキング1位は?

今すぐCHECK

-コラム

© 2020 美髪の教科書