コラム

正しく使わないと勿体ない!女性用育毛剤の使い方をおさらい

お風呂あがりに使用するのが正しい使い方

育毛剤の正しい使い方としてまずは、それを使用するタイミングからみていきます。市販の女性用の育毛剤は特に、たとえば男性用の育毛剤のようなホルモンバランスを整えるものではなく、頭皮の環境を整えたり、髪の毛に栄養をプラスするようなものであることが多いです。

と言うことはつまり、女性用の育毛剤というのは、基本的には髪の毛が成長するようなタイミングに合わせてそれを使ってあげるのが一番効果的だということになります。髪の毛が成長するタイミングではないタイミングでそれを使用したとしても、需要と供給がマッチしないことになります。

もちろん髪の毛が成長するのは、必ずしもある決まったタイミングだけだというわけではありません。だから、いつつけたしても全然意味がないということはまずないでしょう。

しかし、髪の毛を特に成長させるタイミング、つまり栄養成分が欲しいタイミングや、髪の毛が生えやすい環境を作って欲しいタイミングでそれを使用していけば、より効果的に使用出来ることは確実でしょう。それが、お風呂あがりのタイミングなのです。

寝る前だし頭皮も綺麗なので丁度良いタイミング

お風呂あがりと言うのはえてして寝る前のタイミングになるでしょう。髪の毛が成長していく時と言うのは、寝る時になります。だから、そのタイミングでつけてあげるのがちょうど良いのです。でも、それならば寝る前と表現した方が適切なのではないかと思う方もいるでしょう。

しかし、寝る前というよりは、お風呂あがりと言った方が適切なのです。なぜなら、寝る前であっても、頭皮の環境が汚ければ、育毛剤の効果は得づらいからです。

頭皮に色々な汚れがついていたり、あるいは皮脂などが毛穴を埋めていたりしたら、やはり育毛剤を塗布したところで、それらに邪魔されて届けたいところまでそれらが届かない可能性が高いです。それではせっかくの育毛剤の意味がなくなってしまいます。なので、そうならないように、お風呂あがりにつけるのが効果的なのです。

頭皮が乾いている状態でつけるようにする

育毛剤を使う際には、きちんと頭皮が乾いている状態でつけるようにしていきましょう。女性の場合は、やはり基本的に男性に比べると髪の毛も長いです。だから、髪の毛もなかなか乾かず、お風呂あがりにしっかりと頭皮が乾くまでにはある程度時間もかかるでしょう。でも、きちんと乾かしてからつけないと効果も出づらくなるので、その点は注意が必要です。

乾かさないと浸透しづらくなる

きちんと乾かしてからつけていかないと、育毛剤の成分が浸透しづらくなるのです。髪の毛や頭皮が濡れていると、その水分と一緒に、育毛剤の成分も蒸発してしまいがちになります。

また、その水分と混じってしまい、何処かにたれて行ってしまうようになる可能性も高くなるでしょう。そうなれば当然育毛剤の効果は出づらくなります。だから、そうならないようにしっかりと乾かしてからつけないとならないのです。

気になる部分を中心にしつつ全体につける

市販の女性用の育毛剤は、先述の通り、髪の毛に栄養を塗布したり、あるいは頭皮の環境を整えたりするようなものが多いです。そんな風に、髪の毛に栄養を塗布したり、あるいは頭皮の環境を整えたりするということは、たとえば分け目などの薄毛が気になるような部分にだけつけるのではなく、全体的につけた方が効果的だということになります。

栄養が必要なのは、何も分け目などの抜け毛が特におこってしまっているような部位だけではありません。基本的にはそういうところだけではなく、全ての部分において栄養が不足しがちであることは間違いないでしょう。なので、いま気にならない部分でも、いずれ抜け毛が起こるようになり、いずれ薄毛が気になりだすようになる可能性は高いです。

それならばやはり、今のうちから予防ケアをして、栄養を与えたりした方が良いでしょう。また頭皮というのは、基本的には一枚の皮です。なので、たとえば頭皮の環境を良くしようと思ったら、ある一部分だけケアするよりも、頭皮全体をケアしていった方が環境が良くなるでしょう。

だから、分け目などの抜け毛が気になる部分の頭皮にだけ育毛剤を塗布してケアするのではなく、全体的に塗布して、全体的に整えていくべきなのです。ただやはり重点的につけるべきは、抜け毛が気になる部分です。それは間違いないでしょう。

つけすぎないように注意

また、つけすぎないように注意も必要です。全体的につけるとなると、ついついつけすぎてしまうこともあるでしょう。しかし、なんでもそうですが、つけすぎるというのは良くありません。つけすぎてしまうと、やはりそれが逆に毛穴を埋めてしまったりして抜け毛の原因となる事があります。

薄毛をケアするために高いお金をかけて使用している育毛剤が、逆に薄毛を招いてしまっていたら、そんなに悲しいことはありません。なので、そうならないように、つけすぎないようには注意して使用するようにしていってください。

マッサージしながらつけるようにする

育毛剤を使用する時には、マッサージしながらつけるようにするのがポイントです。マッサージをしながら育毛剤をつけていくと、当然その分だけ育毛剤の成分も浸透しやすくなります。

育毛剤の成分がしっかりと浸透していけば、効果も出やすくなるでしょうし、薄毛の改善にも期待が持てるようになります。だから、多少面倒でも、毎回マッサージをしながらつけるようにするのが正しい使い方と言えます。

血行も良くなる

毎回マッサージをしながら育毛剤をつけるというのは、何も育毛剤の効果をよりしっかりと浸透させるということだけが目的なわけではありません。マッサージをすると、頭皮の血行も良くなるでしょう。それもまた、マッサージをしながら育毛剤を塗布することの目的だったりします。というのも、女性の薄毛の原因として、頭皮の血行が悪いという事も挙げられるのです。

血行が悪いと、それにのって届くはずの栄養がきちんと髪の毛にまでいかなくなります。そうして栄養が届かなくなった髪の毛はどうなるでしょうか?それは、栄養失調の方を想像すると分かるでしょう。どんどん痩せていってしまうのです。痩せていった髪の毛は、するっと毛穴から抜け落ちやすくなります。

つまり、血行が悪くて栄養が髪の毛にいかないようになると、抜け毛が増えていってしまうのです。抜け毛が増えていけば、薄毛に見えるようになるのも当然です。なので、薄毛を対策するためには、やはり頭皮の血行を良く出来るように工夫しないとならないのです。そもそも育毛剤には、そういう頭皮の血行を良くする成分も含まれていることがほとんどです。

なので、あえて血行対策をしなくても、ある程度は効果を期待出来るでしょう。しかし、そこにさらにマッサージという血行対策を加えていけば、よりしっかりと血行が改善出来るようになる可能性が高くなります。だから、どうせ育毛剤を使用するのであれば、マッサージをしながらつけていくべきなのです。

マッサージのやり方

でも、血行対策にマッサージをするとはいっても、どのようにしたら良いか分からないという方も多いでしょう?ここで言うマッサージには、特別難しいものは必要ありません。なので、指の腹を利用して、頭皮を動かすようにしてぐりぐりしていけば、それくらいで十分です。それくらいならば、別に忙しくても問題なく出来るでしょう。なので、是非やってみてください。

女性用育毛剤
ランキング

女性が選んだ
育毛剤ランキング1位は?

今すぐCHECK

-コラム

© 2020 美髪の教科書