コラム

失敗しない選び方!女性向け育毛剤の選び方のポイント4つ

返金保証があるものを選ぶ

女性向けの育毛剤の選び方のポイントとしてまずは、返金保証があるものを選ぶようにするということが挙げられます。女性向けの育毛剤にも返金保証があるものと返金保証がないものがあります。どちらを選んだ方が失敗しないかと言うと、それは当然ながら返金保証があるものになるでしょう。

返金保証があれば、たとえばその育毛剤が肌に合わないという場合でも、しっかりと返金してもらうことが出来るので、問題なく次の育毛剤にトライできます。そして、女性の肌と言うのはえてして敏感なものです。

だから、育毛剤が肌に合わないということだって起こりえることなのです。なので、女性が育毛剤を選ぶ時には、肌に合わない時の対策の為に、返金保証がついているものを選ぶべきです。

返金保証は長くなくても良い

返金保証は、30日という短めのものから、90日という気持ち長めのものまでいろいろあります。ですが、基本的にはあまり長さにこだわる必要はないと言えます。なぜなら、効果に対して返金保証を求めているわけではないからです。もちろん効果に対しての返金保証がついているのであれば、それに越したことはありません。

しかし、育毛剤の効果を感じるためには、だいたい半年から1年くらいはかかるでしょう。それだけの長い保証がついているものなんて、そうそうありません。なので、無理にそれを求める必要はないのです。もしその育毛剤が肌に合わないのであれば、10日くらい使用していればトラブルが出てくるでしょう。

だから、30日位の返金保証があれば、それでその育毛剤が肌に合わないかどうかと言うのは安心して判断できるのです。なので、半年くらいと言うかなりの長さの保証がついているという場合でもなければ、あまり保証の長さを気にする必要はありません。まずはやはり保証がついているのかどうかと言うことを気にするべきです。

刺激のある成分が少ないものを選ぶ

女性は、比較的に肌が敏感だと紹介してきました。なので、基本的には育毛剤を選ぶ時には、刺激のある成分が少ないものを選ぶべきだと言えるでしょう。刺激のある成分とはたとえば、アルコールや着色料、香料などです。アルコールは高い殺菌力を持ちますが、その分刺激は強いです。

香料着色料は、見た目や香りを良くするもので、メンタル的な効果はあるかもしれませんが、それが直接的に薄毛対策に役立つというわけではありません。それでいて、人工的に作られたもので刺激も強いものになるわけですから、含まれていないに越したことはないのです。

刺激で肌が荒れたら効果も出なくなる

当然ながら、その刺激で肌が荒れてしまったら、育毛剤の効果は出なくなるでしょう。それどころか、抜け毛が増えていってしまう可能性すらあります。刺激で荒れてしまった状態から肌を回復させるために、栄養分をまわしてしまうようになりますから、髪の毛を成長させるための栄養分が少なくなってしまうでしょう。

そうなれば当然髪の毛は痩せていき、抜け毛が増えていってしまいます。抜け毛や薄毛を改善するために、わざわざ高いお金を出して育毛剤を買っているのに、そうして刺激が強い成分が含まれているせいで、逆効果になってしまう事があるのです。

たとえ返金保証があったとしても、やはり一旦増えた抜け毛を改善していくのは簡単ではないですから、そうならないに越したことはありません。なので、育毛剤を選ぶ際には、なるべくアルコールや香料着色料などの刺激が強い成分が含まれていないものを選ぶようにしていきましょう。

原因にアプローチできるものを選ぶ

女性の薄毛の原因、抜け毛の原因というのは、男性に比べて様々です。男性の場合は、ほとんどの場合が男性ホルモンの影響によるところになるでしょうが、女性の場合は、男性と同じく男性ホルモンが影響しているということもあれば、分け目がいつも同じせいで負荷がかかって抜け毛が増えているという場合もありますし、あるいはトリートメントなどが詰まってしまっているという事もあります。

なので、育毛剤を選ぶ際にも、当然ながらそのそれぞれの原因に対して対策できるようなものを選ぶべきなのです。たとえば、頭皮の毛穴が詰まっているせいで薄毛になっているという方が、ホルモンバランスを整えるような育毛剤を使用したとしても、やはりあまり効果は期待できないでしょう。

自分の原因を探ることが大切

そうしてしっかりと原因にアプローチしていける育毛剤を選ぶためには、なぜ自分は薄毛になっているのかという、自分の薄毛の原因をしっかりと探らないとなりません。それには、それぞれの原因の時にはどんな症状が出るのかと言うことを把握する必要があるでしょう。たとえば分け目が原因であれば、分かりやすいです。

分け目が原因の場合は、分け目の辺りだけが薄くなります。だからそんな風に分け目だけが薄いのか、それとも全体的に薄いのかを見ていけば分かるでしょう。そもそも分け目の場合は、いつも同じ分け目にしているという実感もあるでしょうから分かりやすいですが。

毛穴の詰まりであれば、髪の毛が細く柔らかくなりますし、ホルモンバランスの場合であれば、髪の毛以外の毛が濃くなることもあります。また、特に前髪の辺りが抜けてきやすいと言う特徴もあります。自分の抜け毛、薄毛の特徴と照らし合わせて、しっかりと原因をみつけて、その原因に対策できるとうたう育毛剤を選ぶようにしていきましょう。

医薬部外品を選ぶのが吉

育毛剤には、医薬品もあれば医薬部外品もありますし、ただの化粧品のものもあります。一般的に、医薬部外品は化粧品よりも効果が高いです。そして医薬品は医薬部外品よりも効果が高いものになります。そうなると、医薬品を使うのが一番良いのではないかと思うでしょうが、医薬品というのは基本的には市販されておらず処方箋を必要とするものになります。

となるとやはり色々と面倒にもなりますし、効果が高い分副作用の恐れもあると言えます。でも化粧品だとやはり効果が出るかどうかが心配になります。医薬部外品は、効果がある成分がある程度含まれていることが証明されているものになりますが、化粧品は特にそういうものではありませんから。

そういうことを総合して考えると、やはり医薬部外品を使用するのが一番だと言えるでしょう。医薬部外品であれば市販されているので、問題なく手に入りますし、かつ効果も望めるわけなのですから、すごくバランスが良いです。

医薬部外品は表示されている

でも、医薬部外品かどうかはどうやって判断したら良いのでしょうか?それは、別にむずかしいことではありません。なぜなら、医薬部外品と言うのは、表示されているからです。なので、その表示があるものを選ぶようにすれば、問題なく医薬部外品を購入することが出来るでしょう。

ネットで買う場合も、医薬部外品である場合は、その表示がどこかにされているはずです。なので、コントロールFで、医薬部外品と入れて、その表示があるかどうか調べてみたらよいでしょう。

場合によってはテキストごと一枚の画像になっているような作りのホームページもありますから、その場合にはそうして検索をしても医薬部外品の文字が引っ掛からない事もありますが、基本的にはテキストはテキストのホームページが多いですから、そうして検索していけば、すぐに判断できるでしょう。

女性用育毛剤
ランキング

女性が選んだ
育毛剤ランキング1位は?

今すぐCHECK

-コラム

© 2020 美髪の教科書