コラム

これだけは知っておきたい!女性用育毛剤についての基礎知識

男性用の育毛剤と女性用の育毛剤は何が違う?

市販されている育毛剤には男性用のものと女性用のものとがありますが、そもそも両者の異なる点とは何でしょうか?その違いについて詳しく知るためには、まず男性と女性とで薄毛の原因に違いがあることを理解しなければなりません。男性の薄毛の主な原因は、男性ホルモンの影響にあります。

特にDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンは、男性の薄毛と深い関わりがあることがわかっています。ですから男性用の育毛剤には、このDHTを抑制する効果が含まれているものが多いのです。一方で女性はというと、薄毛の主な原因は当然のことながら男性ホルモンの影響ではありません。

やはり女性ホルモンだからです。このように、男性と女性とでは、薄毛の原因が全く異なります。ですから、薄毛対策のために使用する育毛剤の内容も、当然違うものになるのです。たとえば、女性は男性よりも皮脂の分泌量が少ないため、女性用の育毛剤には、男性用の育毛剤に含まれるような皮脂をとる成分はそれほど必要ありません。

その代わりに女性用の育毛剤で主な成分となっているのは、頭皮に必要な栄養素や保湿成分です。女性ホルモンには元々髪を延命させる効果があるため、何らかの理由でそのバランスが乱れると、それが抜け毛や薄毛の原因となります。ですからイソフラボンといった女性ホルモンの働きを助ける栄養素を育毛剤に配合し、そのバランスを保つ手助けをしているのです。

さらに女性の頭皮は男性よりも乾燥しやすく、薄毛も髪全体に満遍なく広がる傾向があります。そのため髪をどこで分けても、分け目が目立ってしまうような状態になりやすいのです。そんな分け目が目立つ状態を回避するためにも、育毛剤による保湿効果が欠かせないといえるでしょう。

女性が男性用の育毛剤を使用してもよいのか?

男性用の育毛剤と女性用の育毛剤には違いがあることがわかっていただけたと思いますが、では女性が男性用の育毛剤を使用してもよいのでしょうか?結論から言いますと、答えはNOです。その理由の1番目は、男性と女性とでは薄毛の原因が異なり、そのため育毛剤の中身も違うものになっているからです。

そして2番目の理由は、男性用の育毛剤を使用することで、思わぬ副作用が現れる危険性があるという点になります。たとえば、薄毛対策の中で大きな効果が見込める成分として、ミノキシジルがあります。ミノキシジルが含まれた育毛剤は、男性用も女性用も市販されていますが、注意すべき点はその含有量です。

男性用の育毛剤の方がミノキシジル含有量が多く、一見すると効果が高そうに見えるかもしれません。しかし、もしも女性がそういった男性用の育毛剤を使用してしまうと、頭皮に炎症を起こすなどの副作用が現れるリスクが高まるのです。女性の頭皮は、男性と比べるとより敏感であることが多く、さらに乾燥もしやすいという特徴を持っています。

ですから、ミノキシジルを含んだ男性用の育毛剤を使用すると、頭皮がその刺激に耐え切れないケースも増えるのです。ミノキシジルは確かに薄毛の改善に効果がある成分ですが、単純に含有量が多ければそれでよいというものではありません。製品を開発しているメーカーはそういった点を熟知していますので、わざわざ育毛剤を男性用と女性用とに分けているのです。

このように、たとえ薄毛や抜け毛に対して有効な成分であっても、男性と女性とでは使用する上での許容量が違ってきます。ですから、自身の勝手な判断で使用する育毛剤を決めるのではなく、きちんと女性用と表示された育毛剤を購入するようにしましょう。

育毛剤をより効果的に使用する方法とは

女性用の育毛剤購入を済ませたら、後は使用を開始するだけです。髪の全体的なボリュームが気になったり、髪の分け目が薄いことを気にしたりする毎日とは、縁を切れる可能性が飛躍的に高まるでしょう。しかし、ちょっと待ってください。たとえ薄毛への高い効果が望める育毛剤を購入したとしても、それを正しく使用できなければ宝の持ち腐れになってしまうこともあります。

育毛剤をより効果的に使用するためには、入念な下準備が欠かせないのです。まず育毛剤を塗布する前には、必ず頭皮を清潔な状態にしなければなりません。そしてそのためには、シャンプーを使って髪を洗うことが必要でしょう。シャンプーをする際に最も気をつけてほしい点は、力を入れて擦りすぎないことです。

たとえば爪を立てて強く頭皮を擦ってしまうと、せっかく生えてきた新生毛を自ら抜いてしまう原因になります。あくまでも指の腹を使って軽くマッサージするような感じで、頭皮全体をゆっくりと擦るようにしましょう。十分に擦り終えたら、次は最も重要なすすぎです。シャンプーの成分が頭皮に残ってしまうと、それ自体が薄毛や抜け毛の原因になってしまいます。

せっかく育毛剤をより効果的に使用するために頭皮をキレイにしているにもかかわらず、そうなってしまっては本末転倒もいいところです。シャンプーを洗い流す際は、十分な水圧を保ったシャワーを使って、最低でも2分間は洗い流し続けるよう心がけてください。

その後、タオルで拭いたりドライヤーをあてたりして髪を乾かす作業に移りますが、頭皮を乾燥させすぎないためにも、完全に乾く一歩手前で作業を終えるようにしましょう。そしていよいよ、育毛剤の塗布を開始します。

育毛剤はたくさん使用すればその分だけ効果が高くなるものではありませんので、必ず製品に記載された用量を守るようにしてください。塗布する際は、指で軽く頭皮を揉みながら、少量ずつ育毛剤を加えていくと上手くいくでしょう。

上手な女性用育毛剤選びのポイントとは

最後に、上手な女性用育毛剤の選び方についてご紹介します。これは育毛剤選びに限らないことですが、自分が使用するものを選ぶ際に最も重要になるのは、それが本当に自分に合った製品であるかを見極めることです。そのためには時間を惜しむことなく、十分に内容について検討をしなければなりません。

たとえばドラッグストアに行ったときに新製品を見つけたからといって、何も考えずに購入したりすることはNGになります。まず、自分の髪に対する悩みがどこにあるのかを冷静に考えてみましょう。それが十分理解できていないことには、対策の立てようもないからです。

そして、たとえば悩みの元が抜け毛にあるのであれば、それに合った製品を選ばなければなりません。さらに、抜け毛や薄毛がどれだけ深刻な状態であるかという点も、育毛剤を選ぶ上では重要な基準になるでしょう。同じ女性用の育毛剤であっても、たとえば医薬品と医薬部外品、そして化粧品に分類される製品とでは中身が全く異なります。

自身が髪の状態についてより深刻に感じており、十分に対策したいと考えているのであれば、基本的には医薬部外品に該当する製品の中から選ぶようにするべきでしょう。もちろん化粧品に分類される育毛剤に効果がないわけではないのですが、それでも医薬部外品にあたるものと比べると効果が弱いのは明らかです。

より深刻な状態の薄毛を改善するためにはそれ相応の効果が必要になりますので、そういった分類にも注意を払いながら育毛剤選びをするようにしてください。そして育毛剤を選ぶ上で最も大切なことは、継続的な使用が可能か否かという点です。

たとえ非常に高い効果が見込める育毛剤であっても、あまりに高価で経済的負担が大きすぎるようなら、残念ながら継続的な使用は見込めません。育毛剤の効果は短期間で出るものではありませんので、そういった場合は別の製品を選んでおく方が無難でしょう。

女性用育毛剤
ランキング

女性が選んだ
育毛剤ランキング1位は?

今すぐCHECK

-コラム

© 2020 美髪の教科書